結局愛されるのは「可愛い鬼嫁」だった!

結局愛されるのは「可愛い鬼嫁」だった!

女性であれば、男性にいつまでも愛されたいもの♪
一般的には、男性よりも女性の方が「チヤホヤされたい欲」が強いのだそうです。
特に自分が好意を寄せている男性であれば、ずっと尽くしてもらいたくありませんか?

でも女性の中には男性に尽くすタイプの女性もいます。
それが幸せの形であれば良いのですが、「わがままを言うと嫌われるかも」「自分勝手な女だと思われるかも」という不安から尽くしているのであれば、もうやめましょう!

実は「アレコレ尽くしてくれる女が理想」というのは大間違い。
それは理想的な母親像であり、そんな理想を持っている男性はマザコンかもしれませんΣ(゚д゚lll)

では、どんな女性が男性に愛されて、幸せになれるのでしょうか?
それはズバリ、「可愛い鬼嫁」なのです!

「男に遠慮する女」はもう昔の話

結婚、嫁、愛される

昔は女性は家事と育児を100%背負って生きてきました。
家系や子孫の繁栄のためには、そういった女性が必要だったのです。
女性というよりも、母親が必要だったのかもしれません。

だけど現代の人の生き方は十人十色。
結婚しない人も、結婚しても子供を持たないカップルもいますよね。
女性も「家系が」という固定観念を捨てて、自分自身の幸せを追求する時代なんです(^^♪

昔のように全部旦那様に決めてもらわないといけないような、古い時代は終わったのです。
男性に遠慮して、自分を抑え込む女性は今の時代は愛されません。

あなたもそろそろ「男に遠慮する女」を卒業しませんか?

「わがままな女」が可愛いワケ

結婚、嫁、愛される

さて、先ほど紹介した「可愛い鬼嫁」とはどういう状態だと思いますか?
「鬼嫁」と言ったら怖いイメージですが(^_^;)

「可愛い鬼嫁」とは、わがままでありながら、自分自身もしっかりしている女性のこと。

わがままなだけで自由奔放な女性だとただの自分勝手ですし、しっかりしているだけの女性だとただの真面目でつまらない人になります。

この2つを合わせ持つ人こそが、愛される女性なのです。

家事や育児ができて、お金の管理も任せられるような、しっかりした女性。
時には鬼嫁のように厳しいことも、男性をよく理解しているので、上手に頼むことができます。
そんな女性が家庭に必要とされています。

だけど家庭に必要なだけで、愛されるとは限りません。
愛されるための秘訣はわがままになること!

わがままな女性は悪いイメージを持たれやすいですが、実は男性の本能をくすぐる存在。
男性は「自分のもの」と認識しているものを守りたい、幸せにしたい欲求が強く、女性のわがままに答えてあげたいのが男心なのです。

つまり、男性は生まれつき尽くしたい生き物なんですよ!
だから男性に対してのわがままを抑える必要はありません。

ただし、わがままと自分勝手は別物です。

時には相手のわがままを聞いてあげて、自分のわがままもめちゃくちゃ可愛くおねだりしましょう♪
その比率は相手1、自分10くらいで男性は満足します(*^-^*)

自由奔放な面と、真面目な面を備え持つ「可愛い鬼嫁」。
それが、結局最後に選ばれる愛される女性なのです♪

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

恋愛学カテゴリの最新記事