嫉妬に関する考察ー嫉妬は愛情のバロメータか?

嫉妬に関する考察ー嫉妬は愛情のバロメータか?

男でも女でも嫉妬深い人とそうでない人がいます。嫉妬は、する方もされる方も、決して愉快ではありません。しかし、まったく嫉妬されない恋愛関係というのもさびしい気がします。

嫉妬をすればするほど、愛情が深いということなのでしょうか。まったく嫉妬しない人というのは、いるのでしょうか。



嫉妬深い人とそうでない人

いろいろな人と恋愛してくると、嫉妬深い人とそうでない人がいることに気づきます。「男の嫉妬は怖い」とか「女は嫉妬深い」とか言われますが、男も女も嫉妬する人と、あまりしない人がいますね。

嫉妬深い人とそうでない人は、何が違うのでしょうか。



嫉妬深い人は独占欲が強い?

嫉妬というのは、パートナーが自分以外の異性(同性である場合もありますが・・・)と深い関係を持ってほしくないという気持ちの表れと言えるでしょう。

ですから、相手が他の人と仲良くしたり、他の人をほめたりすると、不愉快になるわけです。

嫉妬が深い人は、相手の注意を常に自分の方に向けておいてほしいという願望が強いと言えるかもしれません。つまり、「独占欲」です。

相手のすべてを自分のものとして所有したい、他の人や物よりも自分のことを一番の優先順位に置いておいてほしい。それが嫉妬の原点ではないでしょうか。



嫉妬をする人ほど浮気症

嫉妬というのは相手に対する「不信」の表れでもあります。相手のことを信用しきれていないから、自分意外と異性と仲良くしているのを見ると、不愉快になるものです。

嫉妬は相手を疑っているから感じるものでもあります。パートナーのことを100%信用していれば、たとえ彼(彼女)が他の誰かと仲良くしていても、なんとも思わないはずです。

また、もしかしたら、嫉妬深い人は、その人自身が浮気性なのかもしれません。自分が容易に他の異性(同性)にココロを動かされやすいので、パートナーのことも信用しきれないのです。



嫉妬深い人ほどコンプレックスが強い

同時に嫉妬深くなるのは、自分に自信がないからという場合もあります。相手が自分のことをどれだけ愛しているのか分からない、自身がない、だからパートナーがちょっと他の人に目を奪われただけで、不安になるわけです。

自分に自信がない人、コンプレックスが強い人、パートナーの愛情が確信できない人ほど、嫉妬深くなります。言い換えれば、「自分は彼(彼女)とつりあわない」と思っている人ほど嫉妬心が強くなる傾向にあります。



以前の恋愛トラウマから嫉妬深くなる人も

また、以前はめったに嫉妬しなかった人でも、相手に裏切られたり、自分が誰かを裏切ったりすることで、嫉妬深くなってしまうこともあります。

これは、いわゆる「恋愛トラウマ」で、以前の経験がフラッシュバックすることにより、相手のことを信用しきれなくなる状態です。



嫉妬は愛情のバロメーターか

「嫉妬」というのは不思議なもので、嫉妬深い人と付き合っていると疲れるけど、まったく嫉妬されないときはそれはそれで不安なものです。

嫉妬は、恋愛関係において、ある種のスパイス的に働くこともあります。倦怠期の二人が嫉妬を感じることによって、愛情を取り戻すということもあります。

「嫉妬は愛情の裏返し」といったりもしますが、果たして、嫉妬は愛情のバロメーターなのでしょうか。嫉妬深ければ愛情も深いということなのでしょうか。

私はそうは思いません。嫉妬は、独占欲の表れであり、相手への「不信」であり、自分の自信のなさの表れです。相手が、とても嫉妬深いのであれば、それはあなたに対する独占欲や束縛欲が強いということです。同時に、あなたのことを信用しきれていないことでもあります。



嫉妬のない恋愛というのはある?

では、逆に嫉妬を全く感じさせない相手というのはどうなのでしょうか。あまりに嫉妬してくれない人というのも、「私のことを本当に愛してくれているの?」と疑いたくなりますよね。

嫉妬しないという人は、本当に嫉妬心を感じていないか、感じていてもそれを表現しない人かのどちらかです。

後者である場合、それを見極めるのは難しいですが、よくよく観察していると嫉妬心の片鱗が見かけられることもあります。ただし、当人はぜったいに嫉妬していることを相手に察してほしくないと思っているはずですので、注意が必要です。



嫉妬は相手と自分が公平だと思っているときに生じる

もう一つ、言及しておきたいのは、「嫉妬」というのは相手が自分と同等だと思っているときにしか感じないものだということです。

例えば、イギリス王室のエリザベス女王がどんなに裕福で恵まれた暮らしをしていても、彼女に対して嫉妬心を抱く人というのはあまりいません。それは、エリザベス女王がそれだけ特別な存在であるからです。

もし、相手があなたにまったく嫉妬しない人であるなら、彼(彼女)は、あなたのことを雲の上の人のように、自分とは圧倒的に不釣り合いなほど特別な人だと思っているから、嫉妬心を感じないのかもしれません・・・。

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

恋愛学カテゴリの最新記事