ちゃんと汚れを落とせていますか?デリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

ちゃんと汚れを落とせていますか?デリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

いつの間にかできてしまっているデリケートゾーンの黒ずみ。ひょっとして、諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

黒ずみの原因の多くは、 垢の溜まり、もしくは肌を外的刺激から守るために多く作られたメラニン色素かもしれません。

それぞれ「洗い方」を見直せば、黒ずみは解消される可能性があります。

では、それは一体どの様な方法なのでしょうか?


1. デリケートゾーンを清潔に保つ

デリケートゾーン,黒ずみ,美白,対策

デリケートゾーンに溜まりやすい汚れを、しっかり洗い流す様に意識を向けてみましょう。

すでにボディクリームで保湿をされている方も多いでしょう。もちろん、刺激から肌を守れるので、とても良いスキンケアだと思います。

しかし、一方で、体に残った洗浄料をしっかり洗い落とせていますか?

デリケートゾーンや背中、肘、膝などは、頭の先からの汚れと洗浄成分がたまりやすい部分です。

普段、自分でもチェックしにくい部分だからこそ、気が付いた時には黒ずみが気になっていることもあります。

ボディと同じように手で感触を確かめながら、ヌルヌルしていればしっかりと洗い流すことをおすすめします。


2.デリケートゾーンの保湿ケア

デリケートゾーン,黒ずみ,美白,対策

デリケートゾーンも、メラニンが余分に作られないように、お肌を保湿するが大切です。

メラニン色素、紫外線によってできるシミはメラニン色素の集まりだということは、皆さんもご存知の通りですが、実は紫外線によって作られる量が多くなるだけではなく、摩擦やホコリなど、外からの刺激によっても作り出されるのです。

また、デリケートゾーンの角質層は、顔の瞼や頬と同じくらいの薄さですので、乾燥もしやすいです。

外的刺激から肌を守る為にも、お顔と同じくらい保湿に手をかけてあげたいところですね。

肌のターンオーバーは約1ヶ月周期だと言われています。

まずは、いつものスキンケアの中で、上の2つを気にかけてみて下さい。

デリケートゾーン黒ずみ対策用保湿クリーム比較おすすめ

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

カラダ磨きカテゴリの最新記事