甘え上手は目線作りから!男がNOと言えないアイメイクのコツ

甘え上手は目線作りから!男がNOと言えないアイメイクのコツ

なんだかんだ言って男性は甘えられるのが好き。でも甘えを許してもらえない女子と、甘えを受け入れてもらえる女子がいますよね。両者の命運を分けるのは一体なんなのでしょうか。

実は男がNOとは言えない甘え上手な女の子が実践している目線つくり(アイメイク)があるのです。今回はそのコツをお教えいたしましょう。

濃いメイクよりもナチュナルメイク

甘え上手は目線作りから!男がNOと言えないアイメイクのコツ

甘え上手な女子たちがやっているアイメイクは、実はそんなに凝ったメイクではありません。

基本的に濃いアイメイクよりもナチュナルな方が、男ウケがいいのです。そのことを甘え上手な女の子たちは熟知しています。でもただナチュラルなだけだったり、メイクを全くしないのも得策とは言えません。

彼女たちは、ほんの少しの工夫をして上手に甘えられる雰囲気を作っています。

涙目感を演出するワザ

甘え上手は目線作りから!男がNOと言えないアイメイクのコツ

男性は女性の涙には弱い生き物です。

ただいつも泣いてばかりいても男性陣は引いてしまいますので、そこで効果的なのが涙袋にキラッと光るラメを足してあげること。そうすることで目元の印象がふっくらと、そしてすこし潤んで見え相手の気持ちをグッと引きつけやすくなります。

また、白目が充血していると不健康な印象を与えてしまうので、寝不足や乾燥で目が乾かないように、眼球の健康にも十分気を使いましょう。

目線と表情も大切

甘え上手は目線作りから!男がNOと言えないアイメイクのコツ

そして最後に目線つくり。

こちらも重要です。目を合わすという事は相手に真摯な姿勢を印象付けますが、ずっと目ばかり合わせていても相手は緊張してしまったり、重たく感じてしまうかもしれません。

そこで効果的なのが少しの間目線を外すということ。目線を外す方向も大切なんですが、斜め上を見ると可愛らしい印象になりますし、目線を少し落とし相手の顎のあたりを見つめると少し色っぽく大人な印象になります。

シーンによって使い分ければ、どんな状況でも上手に甘えられる雰囲気づくりが演出できるのではないでしょうか。

以上、甘え上手な女子がやっている目線つくりでした♪

すぐに実践できるものですので是非試して見てくださいね。

 

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

メイクカテゴリの最新記事